私たちは REALatBOon(リアルアット防音)です。

住宅防音工事の新常識を構築している組織です。

 現在 関東の基地周辺のみの住宅防音工事(以降防音工事)に関して発信しております。
 特に、防音工事に興味がある方の中で、少々意識高めで、面倒なことは嫌いな方に、お勧めのサイトです。

創設理由

 防音工事を希望されている一般ユーザー様は これから行われる防音工事について、充分な情報を持たれていますか?
 防音工事は国の助成金で行われる工事であるが、一般ユーザー様から見れば 実質的に比較的大掛かりなリフォーム工事です。 リフォーム工事であれば 一般ユーザー様には色々な希望があると思われます。そのためには、通り一遍の国の説明だけでなく リフォーム工事を踏まえた上での防音工事の関連情報が必要となります。
 例えば、防音工事では必ず行わないといけない工事とは何か? 現況から変更は可能か?ついでにこういうことはできるか? などが 防音工事の関連情報となります。
 また、最近の住宅は 高気密高断熱のため、サッシ、空調設備も高性能、高価格のため、国の助成金の限度額をオーバーしてしまうことが ほとんどです。限度額オーバー分は自己負担になります。そのため、どこかで金額調整を行なって限度額内で納めるかは防音工事の計画には重要な 検討事項になっております。
 防音工事とリフォーム工事を同時に成立させるために、どこで手を打って頂くかは、最終的には一般ユーザー様に決定して頂くことになりますが、その判断材料をREALatBOonと設計事務所、防音工事施工会社の3社が協力して提供致します。 今後も増えていきます。
 一般ユーザー様の 防音工事の満足度は、事前の情報からのイメージと工事中、工事後の出来栄えが極力同じかそれ以上の時に 高くなり、それからマイナスに乖離するほど低くなります。
 故に 事前の情報から完成時のイメージを明快にし、分からないことを極力少なくしておくことが重要なのです。
  事前に工事内容がわからない。 希望があるが言っても良いか?ではいけないのです。
 防音工事の関係者のみが内容を知っていて、一般ユーザー様が質問すると 防音工事だから仕方がない。防音工事だからできない。防音工事だから決まっている。の回答では満足度の向上は期待できません。
 回答に満足度できない時に、理解できる資料がない、相談相手がいないでは 調べようがありません。 ひょとしたら、防音工事には施主は口を出してはいけないの? と思ってしまうこともありそうです。
 居住者様にとっては、突然、防音工事を行います。と言われても、工事中どうなるのかもイメージがわかりません。 この ”分からない”を解決する一つの手段として 私たちは”REALatBOon”を創設することにしました。
REALatBOonには、コンテンツだけてはなく、防音工事経験値の高い 設計事務所、工事会社が仲間におります。
 一般ユーザー様と REALatBOonのコンテンツと設計事務所、工務店と一緒になって満足度の高い防音工事を 実現していただきたいと思います。
 REALatBOonのコンテンツには、施主様(補助事業者)に完成時の防音工事のイメージを理解して頂くだけでなく 書類の流れや工事予定、工事進捗状況なども 登録設計事務所、登録工事会社と情報をやり取りすることも可能になります。作業工程の写真も閲覧することができます。
 工事場所の防音工事を対応する地方防衛局によって、様々な手続きに掛かる日数に大幅な違いがあります。 執行を早めることはできませんが、予想することが可能になるため、予定が組むことができます。
また、色々な工程で 疑問や相談があるときにも 関係者と連絡を取り合うことが可能なため、心配も 軽減されると想定しております。

設計事務所(防音設計集団)について

設計事務所会員登録はこちらへどうぞ

 現在、設計事務所が防音工事の設計への依頼は、ほとんどの場合、工事会社からの依頼となっております。 本来、設計事務所への依頼は、一般ユーザー様からですが、設計事務所の営業力の弱さから実態はそのようになっております。
 そこで、REALatBOonは 設計事務所が最初に一般ユーザー様とコンタクトをとり、依頼を受け その後、工事会社を依頼するシステムを考えました。
 しかし、残念ながら、設計事務所だけでは 防音工事は完結しません。そこで、工事は設計事務所と一緒になって協力しあう工事会社と協力し合って進めることとしました。
 防音工事に際して、一般ユーザー様、設計事務所、防音工事会社の3社が対等な関係で仲間となって いただきます。
 一般ユーザー様にとっては 設計事務所が先頭に立つことで、書類の流れ、設計審査状況など、工事前後のスケジュールの把握がしやすくなります。
 設計事務所としては、自立した業務が可能となります。また、本来の目的である、”分からない”が解消できます。
 設計事務所は 事案を平準化するだけでなく 集団の中でも様々な協力(ノウハウ、労力等)を行う組織とします。

防音設計集団へ戻る

工事会社(防音工事サポート会社)について

工事会社会員登録はこちらへREALat工事写真の利用が可能になります。)

 工務店の評価は行っていません。年間工事棟数や規模の大きさ、評判は各工務店のサイトやヒヤリングで確かめてください。 我々にとって最重要視するのは、選んで頂いたユーザー様に対してどれだけ努力できるかだからです。
 こちらも、一般ユーザー様には少ししか関係がないかも知れませんが、住宅防音工事業界にも、働き方改革が求められております。
 お施主様から見れば、工事会社に対しての要望は とにもかくにも、一生懸命、きちんと工事を行ってもらえば良いのですが、 防音工事においては、税金を使って行う工事のため、書類を提出が重要になります。中でも、工事写真の提出には 大変労力がかかっております。ほとんどの場合、現場監督がサービス残業で夜、休日にそれらの作業を行っております。
 理由があり、多くの職人が写真を撮る。そのデーターは工事が終わってから集めるためです。 工事が終わってから大量のデーター、工事完了から提出までの期間が短いことが重なって、監督の作業はブラックになりつつあります。労働環境の整理、生産性の向上は防音工事業界だけでなく建築業界全てにおいて必要なこと考えております。
 REALatBOonでは 工事写真データーを撮影後直ぐにサーバーにストックし確認が出来る仕組みを提供しております。
 工務店事務所において、タイムリーな写真を確認し必要であれば取り直しの指示も可能で、最後の工事写真を撮り終えた時点で、 サーバー内のホルダーの写真を並び替え、工事写真として提出することができます。 今まで、写真整理に使っていた膨大な時間を本来の業務である現場管理に使うことができます。
また、優秀な監督でも高齢化のため、仕事を離れることになるが、現場に向かわなくても事務所内で現場監督が出来る可能性がある。 多様性の時代と言われておりますが、年齢の多様性にも貢献できると信じております。
今後とも、REALatBOonに賛同して頂ける設計事務所、工事会社を増やす努力を続けて参ります。 一般ユーザー様の賛同の上、多くの方に仲間になっていただきたく存じます。

REALatDXへ戻る

REALat工事写真へ戻る

お問合せ窓口
   岡本設計株式会社
   町田市南つくし野2-31-15グリーンビューすずかけ306
   メール okapponn@jf6.so-net.ne.jp
FAX.TEL 042-850-6741

住宅防音工事?